診療科目

消化器内科・内科・外科

診療時間

■平日
9:00~12:30/15:00~18:30
■土曜日
9:00~12:30

休診日

日曜・祝日

診療予約

再診のみ電話で承ります。

院長は、水曜日の午前中は在宅訪問を主体に診療しております。また、その他の時間においても、緊急往診で不在のことがありますので、ご了承ください。

院長は消化器(悪性)疾患および膵・胆道領域の疾患の関して診療経験が豊富です(論文表題一覧はこちらから)。

やさしくたよれるクリニックと評価されるよう努力し、その医療活動を通じて地域に貢献します。

在宅医療は、通院困難な状態の患者さんに対する定期訪問が基本となります。
お考えになっている患者さん・ご家族の方は、どうぞクリニックのほうまでご連絡ください。

ご予約のうえ当院へお越しいただければ、内容、導入の適応、費用などについてわかりやすくご説明致します。

在宅医療は、患者さんのご病気、在宅環境、介護・看護体制等々の状況に沿って、オーダーメード的にプランする必要があります。当クリニックでは、ご本人ご家族の想いを尊重しながら、できるだけよい在宅医療が提供できるように努力しております。

在宅医療メモ1

在宅医療を円滑にすすめるためには、その制度やはこびかたを理解することが大事です。

在宅医療メモ2 ケアマネ

ケアマネージャー(ケアマネ)は、介護認定を受け介護保険サービス(介護や看護など)を必要とする方に介護保険給付額に応じたサービスの調整を行い、在宅医療が必要となった際には医師への依頼など導入のサポートも行います。在宅医療が必要な方の多くは、すでに要支援・要介護認定のもと介護サービスを受けていますから、ケアマネの方にはいつもお世話になっています。

在宅医療メモ3 訪問診療導入までの流れ

ご家族とクリニックでお会いして初回訪問日を決め、患者さんとの初対面となります。ご自宅でじかにお会いしたうえで病状や在宅療養環境等をふまえた訪問診療のプランを作成します。それに沿って定期訪問を次回から開始していきます。

在宅医療メモ4 定期訪問

かかりつけ医として在宅医療を行っていくためには、月2回以上の定期訪問が原則です。きちんとした訪問予定に基づいた定期診療は、在宅患者さんの健康状態の維持・改善にとても重要だからです。状態悪化時には回数を増やして対応致します。

在宅医療メモ5 往診

往診は、予定外の緊急訪問です。かかりつけ医として在宅医療を行っている患者さんに対しては、在宅療養支援診療所として24時間対応を行っています。状況によっては夜間に往診することもあります。

在宅医療メモ6 入院

頻回の往診で対応困難な場合や急変時には、入院が必要となる場合があります。適切な在宅療養支援病院へのご紹介を心がけています。